SNS

将来 100% 役立つ!?仕事に関係なくても、私が FP 3 級の勉強をしようと思ったきっかけ

先日、3 級 FP 技能検定 (FP 3 級) の試験を受けてきて、自己採点では無事合格しました。

5 月 27 日に 3 級ファイナンシャル・プランニング技能検定試験 (FP 3 級試験)を受験してきました! 受験のきっ...

この FP 3 級という資格は私の本業には全く関係がなく、今のところファイナンシャルプランナーを目指しているわけでもないのですが、私がこの試験を受けてみたきっかけをまとめてみます。

スポンサーリンク

きっかけは父親の話から

最近、実家の父親から家の建て替えや土地の相続をどうするか?といった話を聞くことが多くなりました。私はその辺の難しい話をまだまだ遠い先のことだと思っていたので驚きましたが、父親はしっかりと考えてくれていたのでした。このままでは知識がなく不安なので先のことを考えてあらかじめ勉強しておこうと思い、この FP 3 級の勉強を始めることにしました。

FP 3 級の勉強でお金に関する知識の習得ができる!

FP 3 級を選んだのは、勉強をしていく上で私たちに身近なお金に関する知っておいて損はない知識の習得ができるからです。保険や年金、そして投資や相続についてなどです。資格を取得するのが目的ではなくて、あくまでもお金に関する知識の習得が目的でこの勉強を始めました。でも、やるからにはモチベーションや達成感が欲しいのでオマケとして試験を受けたという感じです。

なんとなく理解していたことをしっかりと理解できた!

勉強をしてみて、これまで経験でなんとなく理解していたことを改めてしっかりと理解できたと思います。年金の受給をするために必要な納付期間であったり、生命保険の種類であったり、給与の所得税の計算方法であったり、これまでぼんやりと理解していた世の中の仕組みをしっかりと理解することができました。あとは、年金の繰上・繰下受給や傷害保険の対象外となる事例や遺言の種類などこれまで全く知らなかったことを知ることももちろんできました。当初、父親から話された家の建て替えや相続に関する知識も以前よりかは増えたと思います。

まとめ

以上が、私が FP 3 級試験を受けてみたきっかけとなります。私の上司は、私がこの試験を受けたことを知ると「それを取ると何ができるの?」と聞いてきました。「資格取得=何かができるようになる」と考えるのは当然のことだと思います。一応ファイナンシャルプランナーを名乗り、情報を必要としている方に簡単なアドバイスをすることはできるでしょうが FP 3 級試験は入門的な資格となっているのでそれだけで食べていけるという資格ではありません。ただ、将来的に知っておいて損はない知識を得ることができたので取って良かったと思います。せっかくなので、引き続き FP 2 級の資格取得を目指して頑張っていきます。