SNS

プログラミングに再度挑戦しようと思う!

 最近、プログラミングへの注目度合いが上がってきているような気がします。小学校でもプログラミング教えるようになるとかそういった話も出てきています。(この事に関しては今後も注目していこうと思います。) 私も、親に PC を買ってもらった高校時代からプログラミングにはまり、大学は情報工学を専攻し一番最初の就職先もソフトウェア開発会社とプログラミング漬けの日々を送っていました。その後、いろいろあり今は違った職種に就きプログラミングとは離れた生活を続けていましたが、最近また新しい趣味としてプログラミングをやってみたいなと思い、再度挑戦していこうと思います。

スポンサーリンク

目標

 高校時代、プログラミングにはまったきっかけは「ゲームを作りたい」というその年代にはよくあるような考えでしたが、今はあまりゲームを作ろうとは思えないのが正直なところです。なぜなら、ゲームという物はプログラミング(コーディング)をするだけではできず、画像や音楽といった物も用意しなければならないからです。そこまでのことはなかなかできるものではないと考えています。でも、挑戦するからには何か目的がないと続かないと思います。そこで最近、競技プログラミングコンテストという物が開催されていることを知りましたので、そこに参加してみようと思います。競技プログラミングコンテストとは簡単に言うと、与えられた課題に対して正解を出せるようにプログラミングすることが求められるコンテストです。そこで純粋にプログラミングをするということを楽しんで行けたらなと思います。

アルゴリズムが好き

 アルゴリズムとは、簡単に言うと問題を解決する手順のことでいろいろな方法があります。私は、学生時代の頃からアルゴリズムを学ぶことに興味がありました。アルゴリズムを学んでプログラミングをする講義が好きで成績も上位でした。まだまだ、いろいろなアルゴリズムを学んでいきたいと思います。

学ぶのには良い時代

 ネットには情報が溢れていて検索すれば必要な情報に辿り着けますし、前述したようにプログラミングコンテストも開催されています。何事も学ぶのには良い時代ですね。特にアルゴリズムを学んだところで実益にはならなく、せいぜい知的好奇心が満たされるぐらいなのかもしれませんが趣味としてやるにはそれぐらいが良いのかもしれません。