SNS

【やってはいけない】リボ払いをしてはいけない理由ってなに?

こんにちは!剛 (go) です。

リボ払いをしてはいけない理由の説明です。

最初に結論

BAD 👎
リボ払いにすると多額のお金を払うことになる。
GOOD 👍
リボ払いをしないようにする。リボ払いに変更されていないか利用明細を確認する。

解説

リボ払いとはリボルビング払いのことでカードの利用残高の内から毎月一定の金額を支払っていく方法です。毎月の支払額を一定額に抑えることができるので一見、家計に優しく見えますがそんなことは全くありません。残高には 15 〜 18% 程度の高めの金利がかかるので、支払いを終わらすまでに長い時間がかかり結果として多くのお金を支払うことになってしまいます。例えば、残高 10 万円で毎月の支払い額を 5,000円、金利が実質年利 15.0% 、元金定額方式(毎月、元金 5,000 円と利息分の支払い)とすると、支払い総額は約 113,000 円となってしまいます。リボ払いを繰り返してしまうと今の残高がどれぐらいあるか把握できなくなってしまう危険性もあります。

対策

リボ払いでの支払いをなるべくしないようにしましょう。カード会社としてはリボ払いしてくれた方が利息が儲けとなりますので、リボ払いにすることでポイント還元が増えるキャンペーンを行うなどしてリボ払いを勧めてきますがリボ払いにはしないようにしましょう。また、ネットショッピングでの支払い時の誤った操作などでリボ払いをする設定になってしまう場合もあります。毎月の支払い明細を確認するようにして、リボ払いになってしまっていた場合はすぐ気付けるようにしておきましょう。

まとめ

カード会社によってはリボ払いという名称では避けられてしまうので違う名称にしている場合もありますが、事前に支払い方式は確認するようにしましょう。繰り返しになりますが、リボ払いは多くのお金を支払わなくてはならなくなるので利用しないようにするのが賢明です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!時間があれば、他の記事もぜひ読んでみてくださいね。

スポンサーリンク

記事のシェアはこちらからどうぞ。