SNS

【はじめの一歩】給与口座とは別に貯金用口座を作った方が良い理由と作り方

こんにちは!剛 (go) です。

給与口座とは別に貯金用口座を作った方が良い理由と作り方の説明です。

最初に結論

GOOD 👍
貯金用口座を作っておくことで確実にお金を貯めることができる。金利が高く、証券口座との入出金が簡単にできるネット銀行の口座を作っておくと今後投資を始める際に便利。

解説

お金を貯めようとする時に注意することは、給料から最初に貯める分のお金を確保してしまうことです。

給料から最初に貯める分のお金を確保して、残ったお金で 1 ヶ月間生活しましょう。

そのためには、給与が振り込まれる生活用の口座とは別に、貯金用の銀行口座を別に作っておくのが良い方法です。普段は給与口座に入っているお金でやりくりして生活し、貯金用の銀行口座は入金のみで出金はしないようにすることが大事です。預金金利が高く、今後投資を行っていくことを想定して証券口座との入出金がスムーズにできる銀行に口座を作っておくと後々便利です。また、先に証券口座を作ってしまい貯金用の口座としてしまうのもありです。証券口座の作り方はこちらの記事を参考にしてみてください。

今後、投資をすることを踏まえて証券口座を開設しておきましょう。貯金用口座としても使えます。ネット証券会社で口座開設しておくと入出金がしやすく、取引手数料も安くて便利です。

作り方

銀行を選ぶ

貯金用の口座開設をする銀行は、ネット銀行がおすすめです。店舗を持たない分、人件費が抑えられるので預金金利が大手銀行( 円普通預金金利 0.001% )より高めに設定されていてお金を貯めるのにも適しています。ネットから口座開設申し込みができ、コンビニ ATM での入出金もできます。ネット銀行の中でも証券会社と連携させることができる銀行をおすすめします。

おすすめ銀行

ここで紹介する銀行は記事執筆時点での私が使っているおすすめの銀行となります。最新情報は自分で調べてみてください。

NEOBANK 住信 SBI ネット銀行

 NEOBANK 住信 SBI ネット銀行

SBI 証券を利用している、または利用する予定の人におすすめの銀行。SBI 証券の口座と連携させて使える SBI ハイブリッド預金の金利は年 0.01% 。円普通預金口座から SBI ハイブリッド預金口座に振替をするだけで、SBI 証券の口座の買付余力(株式等を買うことができる金額)に即座に反映されます。面倒な振り込み手続きをする必要もなく手数料もかかりません。また、米ドル等の外貨への交換手数料(為替手数料)も安く設定されています。

楽天銀行

 楽天銀行

楽天カードを持っている人や楽天証券を利用している、または利用する予定の人におすすめの銀行。 円普通預金口座の金利は年 0.02% 。楽天証券口座と連携させることにより年 0.10% になります。また、楽天カードの支払いを楽天銀行の引き落としに設定すると楽天市場での買い物のポイントが +1倍(+1%) 付くようになります。(楽天 SPU)

口座開設の申し込みをする

ネットから口座開設の申し込みができます。口座開設ページで専用フォームに必要事項を記入して申し込みをしましょう。

まとめ

貯金用の口座を別に作ること、それひとつだけ取っても周りで行っている人はもしかしたら、なかなかいないかもしれません。それだけでも自らはじめの一歩を踏み出したことになります。これから先、お金と良い向き合い方ができるように頑張っていきましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!時間があれば、他の記事もぜひ読んでみてくださいね。

スポンサーリンク

記事のシェアはこちらからどうぞ。