SNS

【はじめの一歩】証券口座を作った方が良い理由と作り方

こんにちは!剛 (go) です。

証券口座を作った方が良い理由と作り方の説明です。

最初に結論

GOOD 👍
今後、投資をすることを踏まえて証券口座を作っておく。貯金用口座としても使える。ネット証券会社で口座を作っておくと入出金がしやすく、取引手数料も安くて便利。

解説

資産を作っていくには、お金を貯めるだけではなく運用して増やしていくことが大事です。

収入を増やして、支出を減らして、残りを運用して増やしましょう。

運用にはまずは株式投資がおすすめです。株式投資を始めるためには、まずは証券会社に口座を作る必要があります。今はまだ投資に回すほどのお金はないかもしれませんが、証券口座は無料で作れますので、先に作っておくだけでも良いでしょう。証券口座はお金を貯める用の貯金用の口座として使うこともできます。

作り方

証券会社を選ぶ

証券口座を作る証券会社は、ネット証券会社がおすすめです。ネット銀行と同じく店舗を持たない分、人件費が抑えられるので取引手数料が安く設定されています。ネットから口座開設申し込みができ、入出金は大手銀行ともできますし提携するネット銀行ではより簡単に早くできます。

おすすめ証券会社

ここで紹介する証券会社は記事執筆時点での私が使っているおすすめの証券会社となります。最新の情報、特に手数料については各自自身で確認をするようにしてください。

SBI 証券

SBI 証券

住信 SBI ネット銀行を利用している人におすすめの証券会社。 口座を連携させて住信 SBI ネット銀行の円普通預金口座から SBI ハイブリッド預金口座に振替をするだけで、SBI 証券の口座の買付余力(株式等を買うことができる金額)に即座に反映されます。面倒な振り込み手続きをする必要もなく手数料もかかりません。

楽天証券

  楽天証券

楽天カードを持っている人や楽天銀行を利用している人におすすめの証券会社です。 口座を連携させること(マネーブリッジ)で、楽天銀行と楽天証券の口座間でのお金の移動が即座に簡単にできるだけでなく、株式等の購入をする際に証券口座にお金が不足していても不足分は銀行口座から自動で支払われたり、証券口座で使われていないお金は夜間に銀行口座に自動で移されたりする自動入出金(スイープ)機能があります。楽天銀行の普通預金金利が 0.02% から 5 倍の 0.1% の優遇金利となりますので、使われていないお金も有利に増やすことができます。

また、投資信託の積み立てが楽天ポイントがもらえる楽天カード決済でできます。また、楽天ポイントでの株式等の購入もでき、ポイントを使って投資信託を月 500 円分以上購入すると楽天市場での買い物のポイントが +1倍(+1%) 付くようになる(楽天 SPU)など多くのメリットがあります。

口座開設の申し込みをする

ネットから口座開設の申し込みができます。口座開設ページで専用フォームに必要事項を記入して申し込みをしましょう。

まとめ

楽天銀行と楽天証券の口座を開設して連携するだけで普通預金金利が 0.10% と大手銀行の 100 倍の金利となるのはとても魅力的ですね。100 万円を 1 年間預けるだけで 1,000 円(税引き前)もの利息が得られます。最初は手間がかかり面倒だと感じるかもしれませんが、最初だけ我慢して行動に移すだけで、後は楽ができる仕組み作りは大事なのでぜひ行動に移してみてください。今、少しだけ行動に移すかどうかが将来大きな差になりますよ。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!時間があれば、他の記事もぜひ読んでみてくださいね。

スポンサーリンク

記事のシェアはこちらからどうぞ。