SNS

【はじめの一歩】携帯電話会社と料金プランの見直しをした方が良い理由とやり方

こんにちは!剛 (go) です。

携帯電話会社と料金プランの見直しをした方が良い理由とやり方の説明です。

最初に結論

GOOD 👍
携帯電話会社と料金プランを見直すと固定費の削減ができ自動的に無理なく節約できる。各社の料金プランを比較検討し自分に合った料金プランを選択するようにする。

解説

携帯電話(スマホ)は今やなくてはならない物で携帯電話料金は水道光熱費と同様、生活のために毎月必ず支払わなくてはならないものとなっています。これまで安い料金プランを提供してきた格安 SIM 会社に続き、政府の意向を受けて大手携帯電話会社も各社安い料金プランを発表しました。調べたり手続きしたりする手間は多少かかりますが、安い料金プランの会社を選び乗り換えを検討するようにしましょう。携帯電話料金が月 2,000 円安くなれば年間で無理なく自動的に 24,000 円の節約ができることになります。少しの手間を惜しまずこの機会にぜひ乗り換えを検討しましょう。格安 SIM 会社への乗り換えをする際のやり方と注意点をまとめます。

やり方

格安 SIM 会社への乗り換えの手順は、今使っているスマホ端末をそのまま利用する場合、

  1. 申し込みをする。
  2. SIM(シム) カードという小さい IC カードが送られてくる。
  3. 現在使っているスマホから契約中の会社の SIM カードを取り出す。
  4. 新しく届いた SIM カードをセットする。

という流れで乗り換えが完了します。

各社の料金プランを調べる。

ここでは詳しくは紹介しませんが、各社の料金プランを調べて自分のスマホの使い方やライフスタイルと合っていて、料金が安くなるプランを選ぶようにしましょう。その際に注意するべき点を挙げておきます。

今使っている端末で、検討している会社の料金プランの SIM カードが利用できるか確認する。

今使っているスマホ端末をそのまま使い続けようとする場合、検討している会社の料金プランの SIM カードが今使っているスマホで使えるかどうか確認をするようにしましょう。利用できる端末はそれぞれの会社のサイト等に記載されています。古い端末だと使えない可能性もありますので注意が必要です。

SIM ロックを解除をする。

また、今使っているスマホが SIM ロックというスマホ端末の購入元の会社の SIM カードしか使えない状態になっている可能性もあります。SIM ロックが解除されていないと他の会社の SIM カードを入れても使えません。SIM ロックが解除されているかどうか確認し、解除されていないようだったら解除するようにしましょう。どちらもスマホ端末の購入元の会社のサイトから行えます。店頭でもできますが、その際は手数料がかかってしまうことが多いのでなるべくネットで済ませるようにしましょう。

今契約している会社の料金プランを解約した時に違約金が発生するか確認する。

料金が実際に安くなるか確認をする際に、今契約している会社の料金プランを解約した場合に違約金が発生するかどうかを確認しておきましょう。違約金が発生する場合でも、契約の残り期間によっては早めに乗り換えることによって全体的にはお得になることがあります。例えば、契約期間が残り 1 年(12 ヶ月) あり途中で解約した際には 10,000 円の違約金が発生してしまう場合でも、乗り換えることによって料金が毎月 2,000 円安くなるのであれば 5 ヶ月で元は取れるので早めに乗り換えた方がお得となります。

MNP 予約番号を発行する。

申し込みをする前に MNP 予約番号という番号を今契約している会社に発行してもらいましょう。新しく契約する会社に申し込む際に必要となります。MNP 予約番号があることによって今使っている電話番号がそのまま引き継がれます。MNP 予約番号は契約している会社のサイトから発行できることがほとんどです。

申し込みをする。

新しく契約する会社に申し込みをしましょう。最近ではネットから必要事項を記入して簡単にできることがほとんどです。

SIM を交換する。

申し込んでから数日後には新しい SIM カードが届くと思いますので、今使っているスマホの SIM カードと差し替えをしましょう。スマホの SIM カードの交換には SIM ピンという専用のピンが必要で端末を購入した時に一緒に付属されているはずですが、なくしてしまった場合はクリップなどでも代用できます。また、ネットでも販売されています。

SIM カードを交換すれば基本的には作業は完了ですが、一緒に同封されているマニュアルなどを必ず確認するようにしてください。

まとめ

格安 SIM 会社だけでなく大手の携帯電話会社も安い料金プランを発表しました。内容を確認してみて良さそうであれば、ぜひ乗り換えを検討してみましょう。最初だけ手間はかかりますが固定費は一度削減してしまえば、後は無理なく自動的に節約ができるところが強みですので行動に移してみる価値はありますよ。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!時間があれば、他の記事もぜひ読んでみてくださいね。

スポンサーリンク

記事のシェアはこちらからどうぞ。