SNS

【株式投資を始める時の疑問】株式投資を始めるには多くのお金が必要って本当?

こんにちは!剛 (go) です。

株式投資を始めるには多くのお金が必要って本当?の説明です。

最初に結論

Point 👍
個別株(企業ごとの株)を買うには多くのお金が必要な場合もあるが、投資信託の積み立てならば最初から多くのお金が必ずしも必要ではない。また、最近では株を1 株から買えたりポイントで買えたりできるサービスもある。

解説

株式投資を始めようとする時にまず思い浮かぶ疑問は「最初にいくらお金を用意すれば良いか?」ということだと思います。投資をしない理由として「投資に回せるお金がない」という理由を挙げる人は多いです。投資というとお金持ちがやるものというイメージを持っている人が多く最初に多くのお金を用意しなければならないと思うかもしれませんが、実際は何を買うかによって最初に必要な金額は変わってきます。

個別株を買う場合

株を買うと聞いてまず普通思い浮かべるのは、企業ごとの株(個別株)を買うことだと思います。この場合、現在通常は 100 株ごとにまとめて買う必要があるので、株価が高い企業の株を買う場合は確かに多くのお金を用意する必要があります。例えば、東京ディズニーリゾートを運営している株式会社オリエンタルランドの株価は現在 16,000 円ぐらいなので 100 株買うには 160 万円という多くのお金が必要になります。株価がそれほど高くない数百円程度の企業の株なら、数万円程度で買うこともできます。

投資信託を積み立てで買う場合

株式だけには限りませんが投資信託は毎月積み立てで買うことができます。毎月いくら分かを購入するといったことが可能で毎月 1,000 円分だけ購入するといったこともできますので、最初から多くのお金を用意する必要はありません。投資を始めたばかりの時は、投資用のお金が多くあってもいきなり全部を投資するのはリスクが高いのでおすすめしません。まず最初は積み立てで投資信託を買っていくことがリスクも低くおすすめです。積み立てで買うことによりドルコスト平均法の効果で平均購入金額を下げることができるというメリットもあります。投資信託やドルコスト平均法については追々記事で紹介していきます。まずはこういったものがあるということを覚えておきましょう。

株の新しい買い方

また、最近では株を購入する際に 100 株といったまとまった単位ではなく、1 株から買うことができる証券会社もあります。現金ではなく、楽天ポイントや T ポイントといったポイントで株を購入できたり、投資信託の積み立てをカード決済でできたりするサービスもあり新しい株の買い方は広がってきています。こちらについても追々記事で紹介していきます。

株式投資の始め方

株式投資を始める第一歩は証券口座を作ることです。こちらの記事をぜひ参考にしてみてください。

今後、投資をすることを踏まえて証券口座を開設しておきましょう。貯金用口座としても使えます。ネット証券会社で口座開設しておくと入出金がしやすく、取引手数料も安くて便利です。

まとめ

以前は株式投資というとお金に余裕がある人がやるものだというイメージがあり、今でもご年配の方たちを始めとしてそのイメージを持っている人が多いかもしれませんが、現在は多くの人が始めやすい環境が整えられてきています。誰でも気軽に始められるようにはなりましたが、投資を始める場合は必ず元本(お金)が減ってしまう可能性があるというリスクを認識した上で自己責任で行う必要がありますので気を付けましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!時間があれば、他の記事もぜひ読んでみてくださいね。

スポンサーリンク

記事のシェアはこちらからどうぞ。