SNS

【株式投資を始める時の疑問】株式投資にはお得な制度があるって本当?

こんにちは!剛 (go) です。

株式投資にはお得な制度があるって本当?の説明です。

最初に結論

Point 👍
株式や投資信託を売却して得た利益や受け取った配当に対して税金がかからない NISA という制度がある。メリットを理解して利用する。

解説

株式や投資信託を買い、値上がりした時に売ったことで得られた利益には通常約 20% の税金がかかります。例えば 10 万円分の株を購入して 11 万円になったので売ったとしたら差額の 1 万円が利益になるはずですが、20% の 2,000 円は税金で引かれ実際の利益は 8,000 円となります。ここからさらに証券会社に支払う手数料も引かれます。NISA という制度は、この税金がかからなくなるお得な制度です。

NISA (少額投資非課税制度)

NISA とは少額投資非課税制度のことで、株式や投資信託に投資してこれらを売って得た利益や支払われてた配当に税金がかからなくなる制度で、投資を普及させるという目的で国が実施しています。正確な情報は金融庁の NISA 特設ウェブサイトを確認してください。

NISA を利用するには NISA 口座を開く必要があり、NISA 口座で買われた株式や投資信託が非課税の対象となります。NISA 口座には、一般 NISA とつみたて NISA があり、一年ごとにどちらかを選ぶことができます。一般 NISA とつみたて NISA では非課税となる金額枠や期間や買える商品が違ってきます。

一般 NISA

1 年間で 120 万円までの非課税枠が設定され、非課税期間は 5 年間となります。通常の株式や投資信託をいつでも買うことができます。

つみたてNISA

1 年間で 40 万円までの非課税枠が設定され、非課税期間は 20 年間となります。非課税枠が一般 NISA と比べて少ないですが、その分非課税期間が長くなっているのが特徴です。また、投資できる物は長期投資に向いていると判定評価された投資信託のみで、決められたタイミングで決められた数量や金額分を買うといった設定が行えるので、その名の通り積み立て投資に向いています。

注意点

非課税枠の金額は、購入した商品を売ったとしても復活することはありません。例えば一般 NISA で 100 万円分の株を買うと残りの非課税枠は 20 万円分となりますが、その後売ってしまった場合でも非課税枠は 20 万円のままとなります。使わなかった非課税枠の金額分を次の年に持ち越すこともできません。また、損が出ている時に売ってしまうと利益は出なく税金がかからないため、メリットが活かせなくなってしまうことにも注意が必要です。

NISA 口座は 1 人につき、1 口座しか作ることができません。いくつかの証券会社で口座を開いていても、NISA 口座を作れるのは 1 つの証券会社だけです。NISA 口座を一度使ってしまった後はその年の間は、一般口座とつみたて NISA 口座を途中で変更することはできません。

株式投資の始め方

まずは証券口座を作り、NISA 口座を作りましょう。証券口座の作り方はこちらの記事をぜひ参考にしてみてください。

今後、投資をすることを踏まえて証券口座を開設しておきましょう。貯金用口座としても使えます。ネット証券会社で口座開設しておくと入出金がしやすく、取引手数料も安くて便利です。

まとめ

NISA 口座は投資を広めるために国が始めた制度です。金融庁の発表によると 2020 年 9 月末の時点で約 1,480 万口座が開設されていてすでに多くの人が利用しています。ぜひ活用するようにしましょう。まずはつみたて NISA で投資信託を積み立てていくのが簡単でおすすめです。ぜひ始めてみてください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!時間があれば、他の記事もぜひ読んでみてくださいね。

スポンサーリンク

記事のシェアはこちらからどうぞ。